NOKTON classic 35mm F1.4 SC

天気が良かったのでM9を下げて近くを散歩しました。
散歩と言っても白ヒゲさん達のように何万歩というのでは無く、ほんの30分程度の散歩です。
a0127552_1232245.jpg
Leica M9+NOKTON classic 35mm F1.4 SC(シングルコート)、Capture One 4.11で現像。以下同じ。
絞りf2.0で撮影。

a0127552_12322237.jpg
開放のf1.4で撮影。

a0127552_12324122.jpg
絞りf2.0で撮影。

a0127552_12325779.jpg
絞りf2.0で撮影。

a0127552_1233683.jpg
絞りf2.0で撮影。





全部のレンズを同一条件で比べるために鳥居の左側に書いてある文字にピントを合わせて、絞りをF2.0で撮っています。
a0127552_1235775.jpg
Leica M9+NOKTON classic 35mm f1.4 SC
開放から1段絞った状態ですが、まだハイライトの滲みが残っています。
でも、新しいレンズのせいか周辺まで破綻の無い写りです。

a0127552_12394112.jpg
Leica M9+Voigtländer ULTRON 35mm F1.7 Asph.
開放から1/3絞り程度絞った状態ですが、周辺が(特に右下が)流れていて、M8なら使えてもM9ではもっと絞らないと使えないレンズです。

a0127552_12375612.jpg
Leica M9+Leica-M 35mm f2.0 Asph.
4本の中で唯一フレアが出てしまいました。開放でも四隅までシャープなのに残念です。

a0127552_12364560.jpg
Leica M9+Carl Zeiss Biogon T* 35mm f2.0
開放なので分が悪いはずなのに柔らかい描写で、充分満足いく写りをしています。
[PR]
by leicamania | 2010-03-14 13:02 | M (Typ 240) | Comments(0)
<< Leica M9のファームアップ 会議 >>